声質に合った歌い方を知ろう!

自分の声質や音域にあった曲を見つけて歌う事が楽しくなろう!

親から授かった大事な個性の一つ、それが「声」

自分がどんな声をしているのか聞いてみよう

手始めに周囲の人達がいつも聞いている自分の声とはどんなものなのかを確認する為に、自分の声を自分の耳で動画を撮って聞いてみよう。
録音機をセットしてみても良い。
準備が出来たらスタートボタンを押して、声のトーンは作らず、まずは自然体で何か喋ってみよう。

自己紹介でも良い。
音声を確認すると、機器に不調でもない限りそこからあなたの素のままの地声が響いてくるはず。
どんな声をしていただろうか?多かれ少なかれ、おそらく違和感を感じたのではないだろうか?
だが声というのは、意識すればある程度は簡単に変化させられるので、基となる声が分かればそこから自分の出したいイメージの声へ近づけていけば良いだけだ。

もっと音域を広めたければボイストレーニングも実に効果的である。
その中で、無理の無い範囲で歌っていても苦しくない、自分の声と音域に合っていると思える歌を見つけ出そう。

声質は変えられるのか

声とは骨格や体格等生まれ持ったものなので大きく変える事は出来ないが、上記でも触れた様に意識する事で変化はさせられる。
家で家族に「あれ取ってー」という声と、結婚相手の親に初めて挨拶に行く時の声が同じという人がいるだろうか。

恐らくいない。

いたら見てみたい。
自分の基の声が確認できたら、次は意識して自分のイメージする声を作り喋ってみよう。

そしてまた同じ様に確認し取り直し。

また喋って確認・・・
これを何度も繰り返すうちに、だんだん自分でも良いと思う声が撮れるようになっていくのだ。
この作業は自分の声を客観視するとても大切なものである。

そしてこれは声にコンプレックスがあるという人も是非やってみてほしい。
何回も繰り返しちょっとづつ改善されていくのを聞いていると、段々自分の声に「変じゃないかも」「うん!いける」と肯定的になってくるからである。
そういった意味でもこのやり方をお勧めする。